クレジットカードの紛失・盗難保険について

クレジットカードの紛失・盗難保険について

クレジットカードの紛失・盗難保険とは、クレジットカードをなくしたり、または盗まれた場合、そのクレジットカードを不正に利用された場合、その損害を補償してくれる保険です。

基本的には、どのクレジットカードにもついている保険です。

紛失・盗難保険は、多くのクレジットカードの場合、クレジットカード会社に連絡した日からさかのぼって、60日以内であれば、保険が適用されます。クレジットカードをなくしたと気づいてから、またはカードの明細などで不正利用に気づいてからカード会社に連絡を入れると、その日から60日前までであれば、その損害はカード会社が補償してくれます。

クレジットカードは現金と違い、落としたり盗まれたりしても、実質的に損害はありません。しかし、その一方でクレジットカードならではのリスクもあります。

それは、スキミング犯罪やカード番号の流失といったリスクです。しかし、その場合でも紛失・盗難保険の対象となります。

紛失・盗難保険の対象とならない場合

クレジットカードは、正しく規約に則って使用している場合、ほとんどの場合で紛失・盗難保険の対象になります。しかし、保険の対象にならないケースもありますので注意が必要です。

家族、友人にカードを貸した場合
無断でクレジットカードを使われたということが証明できれば別ですが、大抵のケースでは保険の適用とはなりません。

クレジットカードの暗証番号がもれた場合
クレジットカードの暗証番号をカードに記入したり、暗証番号を書いた紙などを同じ財布の中に入れたりした場合、その被害額は基本的に補償されません。また、誕生日や電話番号、車のナンバーなど、推測されやすい番号の場合も同様です。

クレジットカードの裏面にサインがない場合
クレジットカード裏面にサインが無い場合、基本的には盗難・紛失保険は適用されません。クレジットカードが届いたら、すぐに裏面にサインをしてください。

どれもきちんとクレジットカード規約に則って利用している方であれば、全く問題無いことです。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.14. Copyright(C)2011クレジットカードの付帯保険  - All rights reserved