クレジットカードのショッピング保険について

クレジットカードのショッピング保険とは?

クレジットカードのショッピング保険とは、クレジットカードで購入した商品が盗まれてしまった場合や、落としてしまったりして壊れてしまった場合に、その損害を補償してくれる保険のことです。

保険の名前も様々で、ショッピング保険であったり、ショッピングセイバー、買い物保険、ショッピングプロテクション、ショッピングガードなどという名前で呼ばれますが、内容は一緒です。

例えば、スマートフォンを落として壊してしまった、という場合、そのスマートフォンをを現金で購入していた場合には、実費で修理に出すか、または新しく買い直すしかありません。

しかしそのスマートフォンをショッピング保険つきのクレジットカードで購入していた場合は、自分で落としてしまった場合であっても、そのスマートホンの修理代金、修理が無理な場合は購入代金を補償してくれます。

もちろん、壊してしまった場合だけでなく、盗まれてしまった場合でも同様に、ショッピング保険での対応ができます。もちろん現金で購入していたとしたら、泣き寝入りしかないので、ショッピング保険は本当にありがたい保険といえるでしょう。

しかし、ショッピング保険には、注意すべき点も多くあります。

ショッピング保険の注意点

パソコン、動物、商品券、デジタルコンテンツなど、ショッピング保険つきのクレジットカードで購入した場合でも補償の対象にはならないものがあります。

修理ができる商品の場合、修理金額の補償となり、購入金額の全額補償とはなりません。

一般的に、ショッピング保険を利用する際に、免責金額として1事故あたり数千円の自己負担額がかかる場合が多いです。

補償の対象となる期間が決まっています。多くのクレジットカードでは、商品を購入してから90日間に限り、補償の対象となります。

海外で購入した商品のみ保険の対象となる場合や、リボ払い・分割払いで購入した商品のみ保険の対象となる場合があります。

ゴールドカード・プラチナカードのショッピング保険

ゴールドカードやプラチナカードには、基本的にはショッピング保険がついています。また、補償金額も高く、年間300万円ほどの補償金額のカードが多くなっています。現金でショッピングをするよりもかなり安心・安全です。

また、プラチナカードはさら充実したショッピング保険がついていることがおおいです。高額商品などを購入する場合でも安心です。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.14. Copyright(C)2011クレジットカードの付帯保険  - All rights reserved