クレジットカードの国内旅行傷害保険について

クレジットカードの国内旅行傷害保険とは?

国内旅行傷害保険は、国内旅行の際、事故にあってしまった時などにその損害を補償してくれる傷害保険のことです。

多くのクレジットカードでは、海外旅行傷害保険は自動付帯ですが、国内旅行傷害保険に関しては、ついていなかったり、または利用付帯だったり、さらには死亡・高度障害のみ保険適応範囲であったりという場合が多いので注意が必要です。

国内旅行保険は死亡・重度障害のみの場合が多い

一般的なクレジットカードでは、国内旅行傷害保険は死亡した場合、または重度障害のみ、保険の適用がなされる場合がほとんどです。

しかし、ゴールドカードやプラチナカードなど、ある程度の年会費がかかるクレジットカードであれば、病気やケガなどで病院にかかった場合の治療費なども保険の対象になる場合も多くあります。

国内旅行保険に関して、クレジットカードによってまちまちですので、しっかりとお手持ちのクレジットカードを確認してみてください。。

自動付帯と利用付帯

海外旅行傷害保険と同じく、国内旅行傷害保険の場合も、自動付帯の場合と利用付帯の場合があります。

残念ながら、海外旅行保険とは違い、国内旅行傷害保険の場合は利用付帯のクレジットカードがほとんどです。しかし、ゴールドカードやプラチナカードなどでは自動付帯されていることが多いので、国内旅行保険を重視する場合、保険目当てでゴールドやプラチナに申し込んでみるのもいいかもしれません。

利用付帯の場合、基本的には海外旅行傷害保険と同じく、交通費やツアー代金をクレジットカードで支払えば保険が適用されます。

飛行機や新幹線、ツアー料金は現金ではなく、クレジットカードで支払った方が、保険のことを考えるとよいです。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.14. Copyright(C)2011クレジットカードの付帯保険  - All rights reserved