クレジットカードの海外旅行傷害保険について

クレジットカードの海外旅行傷害保険とは?

クレジットカードについてくる保険の中で代表的なものが、海外旅行傷害保険です。海外旅行の際に病気やケガ、さらには死亡・後遺障害などの場合、その損害を補償してくれる保険です。

例えば海外で盲腸などで入院してしまった場合、日本の健康保険は当然適応されません。そのため、国によっては数十万円〜数百万もの医療費がかかってしまいます。

海外では医療費が高いところも多く、緊急で病院にかかった場合、通院であっても10万円以上かかる場合もあります。

そのような医療費を負担してくれるのが、海外旅行傷害保険です。病気やケガだけではなく、相手に損害を与えてしまった場合やものを壊してしまった場合、コーラをこぼしてカーペットを汚してしまった場合など、様々なケースを補償してくれます。カメラなどの携行品を無くしてしまった場合なども補償してくれます。(保険によってはダメな場合もあるの注意してください)

海外旅行保険の適用範囲など

海外旅行傷害保険がどのような場合に適用されるか、誰が適用されるか、さらには補償の上限はいくらか、は、クレジットカードによって大きく違います。

年会費無料のクレジットカードでは海外旅行保険がついていないものも多く、年会費が高いクレジットカードほど、保険が充実する傾向にあります。しかしもちろん、年会費無料のクレジットカードでも海外旅行保険が付帯しているクレジットカードもありますので、よくチェックしてみてください。

よく海外旅行に行かれる方は、多少年会費が高かったとしてもゴールドカードの方がお得でしょう。海外旅行のたびに海外旅行保険に申し込むよりも、明らかに割安です。

逆に、ほとんど海外に行かないという方は、高い年会費を払って海外旅行保険をつける必要はありません。あくまでも自分にあったクレジットカードを選んでください。

自動付帯と利用付帯について

クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険は、自動付帯の場合と利用付帯の場合があります。

自動付帯というのは、クレジットカードを持ってさえいれば、自動的に保険が適用される海外旅行傷害保険のことです。もちろん、旅行に行く前手続きなども必要なく、また、なにかしらカードなどで支払いをする必要もありません。

一方、利用付帯の場合は、海外旅行に行く場合の旅費やツアー代金などを、クレジットカードで支払った場合に限り、海外旅行傷害保険が適応される、というものです。

自分のクレジットカードが自動付帯なのか、利用付帯なのか、そしてどのような条件で適応となるのかは、しっかりと確認をしてから海外旅行に行くようにしてください。

国内旅行保険に関しては、利用付帯のクレジットカードも多いのですが、年会費無料クレジットカード以外はほとんどの場合、海外旅行保険に関しては自動付帯です。特にゴールドカードやプラチナカードではほとんど自動付帯ですので、それほど心配する必要はありません。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.14. Copyright(C)2011クレジットカードの付帯保険  - All rights reserved